従業員持ち株制度


従業員持ち株制度とは、社員に自社株を持たせるための制度ですが、この制度の狙いは
愛社精神を高める
社員の財産を増やす
安定株主をつくるということになります。
自分が会社のためにがんばって業績を上げれば、必然的に自分のもっている自社の株が上がっていくわけですから、自動的に自分の財産も増えていくことになります。
会社のためにがんばるということは、愛社精神につながりますから、会社側としては一石二鳥の制度です。
しかも、安定株主になるわけですから、会社乗っ取りなどをたくらむ仕手筋に対抗する意味でも、有効な制度です。
運営方法についてですが、通常、会社の従業員持ち株会に加入して利用します。
この会に加入すると、毎月の給料やボーナスから投資資金が差し引かれ、株式を購入する形をとります。
最近ではこの資金の一部を会社が補助するといったケースが、増えてきているようです。たとえば、掛け金の1割を補助するというようなケースです。
これを繰り退して買い増していくわけですが、退職時にはこの株を会社側が買い取ってくれます。
配当ももちろんつきますが、通常は再投資されることが多いようです。
会社によっては、従業員持ち株会が大株主に顔を出しているところもあります。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。