ワラント債

ワラント債は、通常の社債に、株式を取得する権利、つまり新株引受権がプラスされたもので、正式名称は、「新株引受権つき社債」で、WB(ワラント・ボンド)と略されます。
転換社債と非常に似ていますが、転換社債が株式に転換すると社債の部分は失ってしまうのに対し、ワラント債は社債の部分と株に転換できる部分は別物ですから、株式に転換しても社債の部分はそのまま残っているため、社債と株式の両方のメリットを享受できる商品といえるでしょう。
ワラント債には、社債の部分と新株引受権の部分を一緒にして売買する非分離型と、社債の部分と新株引受権の部分を別々にして売買する分離型があります。
分離型の場合は、社債の部分と新株引受権の部分は、別の有価証券として処理されます。
売買には、
ワラント債として売る、
社債の部分だけ売る、
ワラント(新株引受権)の部分だけ売ると、
3種類の方法が存在することになりますが、ワラントには権利を行使する期間、価格が決められています。
ワラントは新株を引き受ける権利ですから、比較的少ない資金で購入でき、株価が上がれば事前に決められた価格を支払うだけで、その株が手にはいります。
証券取引所には上場されていず、店頭株のように、証券会社を通して売買されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。