投資信託

投資信託とは、多数の投資家から資金を集め、それをまとめて投資の専門家にその資金の運用をします。元本は保証されないのでリスクが伴います。
株価は通常、さまざまな要因で変動します。
早く売ってしまい損をしてしまったといっても、だからといって専門家を雇うわけにもいきません そこで登場したのが投資信託です。
投資信託とは、こうした投資家の資金を集めて、専門家に運用をまかせることです。
ですから、個人ではできない投資でも、たくさんの人が資金をもちよれば、大きな投資ができますし、しかも、運用は専門家がやるわけですから、比較的安全に財産を増やすことができるというわけです。
ただし、社債のように元本が保証されているわけではありませんので、損失を出すこともありますから、注意が必要です。
集まった資金のことを「ファンド(信託財産)」といい、運用は投資信託委託会社が行ないます。
流れとしまして、信託財産は投資信託委託会社の支持を受けて信託銀行が管理し、販売や換金は証券会社が行ないます。
投資信託は会社型と契約型に分けられます。会社型とは、会社が投資を目的とした会社を独自に設立し、運用をまかせるものです。
投資家は通常株主になります。
これに対して契約型は、投資家が契約に基づいて出資金を出し、運用をまかせるというものです。欧米では会社型、日本では契約型が主流になっています。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。