先物取引

先物取引とは、将来の株価の値段を予測し、決められた日に売買を行なうことをあらかじめ決めておく取引の形態で、1982年にアメリカで導入された制度です。
どんな制度かといいますと、ある株式を、将来特定の日にあらかじめさだめられた数量、価格で受け渡しをすることを決めておく取引の形態のことをです。
日本では1987年に大阪証券取引所で「株式先物五〇」が発売されたのを皮切りに、1988年に東京証券取引所が「TOP−×先物」、大阪証券取引所が「日経二二五先物」を発売しました。
これらは株価指数を株式のように取り扱って売買するものです。
つまり「ダウ(日経平均)という名の株」が登場しました。
株価指数といっても、先物取引の場合は実際の株と同じように扱われるので、将来日経平均が上がると予測する人はこの「ダウという名の株」を買えばよいですし、下がると予測するなら売ればよといういわけです。
これらをまとめて株式先物取引といいます。
先物取引とは、実際に株の売買を行なうのではなく、将来この株を必ず買います、または必ず売りますという約束をしておく制度のことです。
この約束は必ず守らなければなりませんから、約束した日までに株価が上がると予測するなら、売り契約を結んで、その株を現時点で買い入れます。
そして約束の日がくるまでに、タイミングをはかって売るのです。実際に株価が上がれば、その差額が利益になります。
決済は、売った価格と買った価格の価格差で、利益をうけとったり、逆に損失分を支払ったりします。
このような決済方法を、差金決済といいます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。