上場のすると

株式を公開するということは、いままで少人数で行なっていた資金の調達を、不特定多数の人間に求めることができるようになるわけですから、企業にとっては大きなメリットがあります。
その大きなメリットとは、
資金調達がしやすくなるります。
金融機関の信用度が増します。
社会的な信用度が増まします。
知名度が上がる事により、有能な人材も確保しやすくなるといったことがあげられます。
どれをとっても企業の活性化に大いに役立つものですから、どの会社も上場をしたがるのです。
逆にデメリットもあります。もし上場した株を買い占められるようなことがあれば、株主は経営に参加する権利があるわけですから、報道の自由、公共性といったものが侵される危険性があるのです。
上場のデメリットは、
自社への投資家(株主)が増えるため経営責任が重くなります。
買い占めなどに合い、経営権を侵される恐れがあるります。
会社の情報を公開しなければならないし、そのための事務量も増えるといったことがあげられます。

| 上場
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。