転換社債


転換社債とは、株式に転換できる社債のことでCB(コンバーティブル・ボンド)と呼ばれています。 
株式は企業の資本金となり、投資家にとっては配当やキャピタルゲインをねらう金融商品ですが、社債は企業が投資家に借金するようなもので、投資家に対して銀行のように一定の利子を支払っていきます。
投資家にとっては、株式のような投資の醍醐味はありませんが、契約期間が終われば返ってくるため元金は保証されています。利子もあるわけですから安定した財テク商品です。
発売後、2か月たつと一定の価格で株式に転換できます。もちろん、そのまま契約期間が終わるまで社債として持っていることもできますから、株式が有利か、そのまま持っていた方がいいのかは、転換価格や金利などを充分に考慮して、投資家が判断すればいいのです。
投資家にとっては、社債と株式の両方のメリットを考えて有利な方を選択できるのですから、かなり効率のいい商品ということなります。
また、発行する側のメリットについてですが、社債を発行すれば金利を支払わなくてはなりません。
これは、転換社債でも同じですが、株式に転換できるというメリットがある分、通常の社債より低いレートで発行できるのです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。