有価証券

有価証券の種類について書きます。
有価証券とは、民法や商法の定義では、財産権を表す証券のことを有価証券といい、単に良く聞く証券ともいいます。
つまり、株やお金といったものは財産になるわけですが、もともと形のあるものではないため、譲渡の際などは混乱を招きます。
そこで証券という名の紙キレに、これはお金ですよ、これは株券ですよと示すことで、形を持たせようとしたのです。
こうすれば、譲渡の際にも混乱がなくて済みますし、持ち運びも比較的簡単です。
有価証券は手形、小切手、銀行券などの貨幣証券、船荷証券、貨物引換証などの物品証券、株券、債券などの資本証券のような種類に分けられます。
この中の資本証券とは、証券取引法では、一般大衆の投資対象となり、かつ市場性を持ち、大量の取引ができるもの」を、有価証券と規定しています。
また、国債、地方債、金融債、株券、新株引き受け件証書、貸付信託などの受益証券、CP(コマーシャルペーパー)や住宅ローン債権信託受益権なども有価証券です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。