株式売買

株式売買について

株式売買は、株券という商品を売買しているのではなく、株主が持つ様々な権利と投資価値を売買しているということです。
基本的に株式を売買できるのは、上場会社に限られています。
株式の売買は、「株式」という商品そのものを売るというより、株式にまつわる諸権利、つまり株主権を売買するという意味合いが強くなります。
ですから、株式を買う側はその株の持つ投資価値つまり魅力を重視するわけです。逆に株を売る側はその株にもはや魅力がなくなったか、あるいは初期の目的を達成したから売りに出すのです。
株式を所有する魅力は、株主になって分配金をもらう、値上げがりを待って売り抜けるといった投資価値にあるからです。
この売りと買いの差額のバランスの上で、株価は日々動いているんです。
株式売買の注意点は、単純なことですが、株式の売買は必ずちゃんと証券業務ができる権利をもった証券会社や銀行などで行なうようにしましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。